ホーム  > FPの家とは  > 熱を管理し、結露を防ぐ「窓」の工法

熱を管理し、結露を防ぐ「窓」の工法

FPの家とは

形や大きさ、つける場所や角度によって取り入れる光や風の量はもちろん、住む人の気分まで変えてしまう「窓」。家の表情を明るく豊かにしたり、周囲の景観を鮮やかに映しだしたり、四季のドラマはガラスごしに繰り広げられます。

窓は熱の通り道

採光・換気・景観をよくするなど、快適な住空間には適切な窓の配置が必要となり、窓から入る光によって住宅の内部に明るさを与え、景色や眺め、天候の変化や時間の移り変わりなど、室内にいながら外部を知ることができる“情報源”でもあるともいえます。
また太陽からのエネルギーを取り入れる一方で、室内にこもった熱を逃がすなど、室内の冷暖房効果に影響を与える重要な要素でもあります。
室内温度を上昇させるひとつの要因は、窓から入り込む強い陽射し。
そこで大きな威力を発揮するのが、遮熱ガラスです。



遮熱ガラスが、光だけを取り入れ太陽熱を反射することによって外からの熱をさえぎり、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内をつくります。
またUVカット機能により、家具や内装材を紫外線による日焼けから守り、明るく美しいお部屋を保ちます。
このように外の暑さを入り込ませない遮熱の発想が、快適・省エネルギー生活の第一歩といえるのです。
また、樹脂サッシは熱伝導率が低く、断熱性能は高いのが特徴です。そのため結露を発生しにくく、構造体を傷めにくいという利点があります。

遮熱ガラスの概念図


可視光線は通過させながら、室内外の熱線は鏡のように反射。自然の採光を図りながら、室内の環境性を高めます。
快適な住環境のポイントとなる開口部にもFPの家にはこだわりを求めています。複層ガラスに樹脂サッシを使用した一体構造により、一般のアルミサッシに比べ約3倍の断熱性能と、16倍の気密性能を実現。これにより冷暖房費のコストダウン・結露防止・遮音性に大きな力を発揮します。

窓の性能

耐風圧性

どれくらいの風圧に耐えられるか

気密性

枠と戸の隙間からどれくらい空気が漏れるか

水密性

どれくらいの風圧まで雨水の浸入を防げるか

遮音性

音をどれくらい遮ることができるか

断熱性

熱の移動をどれくらい抑えることができるか

ガラスの種類

複層ガラス

ガラスは3~4㎜、空気層は12㎜が一般的。ペアガラスのほかにトリプルガラスもあります。

Low-Eガラス

表面に透明な金属シートを貼り付けた特殊ガラスを使ったもの。高断熱タイプと遮熱タイプがあります。

防犯ガラス

表面にシール加工を行い、ハンマーなどでたたいた場合でも割れにくくしたもの。

窓枠の素材

樹脂サッシ

熱伝導率が低く、断熱性能は高いのが特徴です。そのため結露を発生しにくく、構造体を傷めにくいという利点があります。

複合サッシ

屋外側にはアルミを使用し、室内側には木を採用することで、耐久性とインテリア性を同時に満たすものや、アルミの枠に断熱性の高い樹脂を挟み込んだものなどがあります。

木製サッシ

屋外側も室内側も木製のもので、メンテナンスが必要ですが、あたたかみが感じられる自然の風合いが魅力的です。

窓の種類


引き違い窓


日本では最もポピュラーな横スライド式。
窓枠が外壁より張り出した「外付」と「内付」があります。


縦すべり出し窓


プッシュ&プルで開閉するタイプの窓。


フィックス窓


採光や飾り窓としての役割のみで、開閉できない窓。


外開き窓


蝶番で外側に開くタイプの窓。
片開き
両開き


上げ下げ窓


縦に並んだ2枚のガラスを上下にスライドするタイプ。
片方が固定されているタイプと、両方ともスライドできるタイプがあります。


窓の気密施工


窓の施工後にウレタンを充填しさらに気密テープを貼ることで気密性を確保しています。

窓の性能を補助する設備


オーニング


オーニング(日除け・ひさし)は、巻き取りパイプに布を取り付け、夏・冬の陽射しに合わせて出し入れし、直射日光を調整するものです。


遮光スクリーン


遮光スクリーンは、加工方法によって「完全遮光」や紫外線をカットする「UVカット」など多くのバリエーションがあります。


暖房器具


冬期間、室内の暖かい空気を窓から逃がさず、外の冷気が室内へ侵入するのを防ぐには、窓辺の暖房器具は大きな効果があります。


輻射熱と放熱のシステム


窓や玄関などの開口部は、壁に比べると性能的には弱点となる部分ですが、日照による輻射熱を取り入れる、または陽射しを遮り、室温を快適に保つなど、時間や季節によって役割が変わります。また窓単独での性能のほか、屋根のひさしやバルコニーとの関係により総合的に設計されます。



 

ホーム

このページの先頭へ