ホーム  > FPの家とは  > 快適さと頑丈さの秘密「壁」の工法

快適さと頑丈さの秘密「壁」の工法

FPの家とは

家の四方を囲む「壁」の中には、それ自体が構造材としての力を持つものもあります。地震や風雨から家族を守ってくれる強さは、壁を構成する要素のひとつ。
建物に応じて必要な量をバランスよく配置する、それでこそ真の力が発揮されるのです。

一般的に壁は、柱、間柱(まばしら)、筋(すじ)かい、断熱材、外装材、その他面材などで構成されています。
「FPの家」では、水発泡硬質ウレタンフォームを注入し、一体成形した硬質ウレタン断熱パネル[FPパネル]を柱の間に組み込んでいるのが最大の特徴です。

そして、FPパネルには、硬質ウレタン断熱パネルの内部に筋かいを付けたものや構造用面材を貼ったものもあり、断熱材としてだけでなく、地震や台風など外部の力から家を守る構造材としての役割も果たしています。
さらに、外壁側には通気層を設け、外壁の下端より壁の内部に外気を取り入れて空気の流れを確保し、小屋裏や棟換気へ通気させ、外壁内の湿気を外部へ排出します。これにより、壁内部の結露や木造部分の腐朽を防止しています。

外壁の役割

外壁は外気と直接接するため、耐久性・耐候性が求められます。タイル貼りやサイディング等の乾式工法が多く見られますが、最近では塗り壁も見直されてきて います。いずれにしても外壁で最も大切なことは、構造内部に湿気を伝えないこと。通気層の確保、透湿防水処理がきちんと行われているか、現場では見落とせないところです。

「FPの家」の壁

FP軸組工法は柱と梁で構成された構造体に「FPパネル」を組み込む、独自の工法です。グラスウールなどの繊維系断熱材を用いる一般の工法と比較すると、


  1. 硬質ウレタンの断熱性能は繊維系断熱材(グラスウール)の約2倍。
  2. 耐久性に優れ、性能劣化がほとんど見られない。
  3. パネル自体が強度をもち、構造体と一体となり建物の耐久性・耐震性を向上させる。


など多くのメリットがあります。

壁パネルの施工プロセス

1.床・柱を施工する


軸組工法住宅の場合、構造柱が立ち上がった段階でFPパネルを組み入れる作業を行います。2×4工法住宅の場合は、事前にパネルをつなげてから、壁面を立ち上げます。


2.FP壁パネルを組み込む


FPパネルの精度は高く、現場で組み込みをしてもほとんど隙間はできません。


3.気密テープで仕上げる


組み込み後に気密テープを貼って仕上げます。


外壁とFP硬質ウレタン断熱パネルの防水性能


構造体の傷みの主な原因は壁体内結露ですが、FPパネルはそれ自体で水分を吸収することはほとんどありません。また外壁との間に設けられた通気層と精度の高い気密施工により、壁体内への湿気の侵入をシャットアウト。構造体をしっかりと守ります。

工場見学で体感できる壁パネルの強さ


風圧や地震などさまざまな外力に耐える壁の強さを体感していただくために、工場見学会では簡単な実験装置を用意しています。
FPウレタン断熱壁パネルと他の壁を比較して、その違いをお確かめください。


壁の強度実験


地震などの外力に対する家の強度は、単位長さの外力に対する抵抗に大きく影響されます。FPウレタン断熱壁パネルは実験による検証を行っています。

気密施工


現場で組み込まれたFPパネルは、さらに気密テープによって密閉されます。パネルと柱・梁との接合部はもちろん、窓などの開口部にも貼られ、徹底した気密対策を行います。

  • 継ぎ目…柱・梁との接合部やパネル接合部はすべて気密テープが貼られます。
  • 床の気密…床面は配管部分の断熱補強と気密化を図るために、ウレタンの吹き込みと気密テープが併用されます。
  • 開口部…窓などの開口部にも丁寧に気密テープが貼られ、一部ウレタンの吹き込みが行われる場合もあります。


 

ホーム

このページの先頭へ