ホーム  > FPの家とは  > パネルで屋根裏も快適「屋根」の工法

パネルで屋根裏も快適「屋根」の工法

FPの家とは

家1軒を、いちばん高いところからいつも静かに守りつづけている「屋根」。
風雨に負けず、吹雪や夏の暑さをものともせず、つねに威厳と風格を保っています。
時には遠ざけながらも、時には共演する、お陽さまとの関係も興味深いものです。

屋根には、雨露の浸入を防ぐための防水性能と、長期間にわたりその性能や形状を保持していくための耐風性、耐震性、耐候性といった耐久性能が必要です。
また、内部空間の居住性に関わる断熱性や遮音性といった性能、都市環境では特に防火性能なども重要となります。さらにここ数年では、太陽光利用やヒートアイランド対策など多機能・高性能化が期待されています。
また、建物の外観を美しく見せるなど、景観にも大きな影響を与えるものです。

FP遮断パネル[特許取得]



真夏の直射日光による太陽熱は、最上階の天井裏で断熱されるのが従来の方法でした。
これに対して屋根面そのものに遮熱と断熱効果を持たせるのが「FP遮断パネル」です。
2層の通気層を持つアルミ遮熱シートとウレタン断熱パネルを組み合わせ、その複合効果で屋根の蓄熱を大幅にカットする構造となっています。
これにより、従来はデッドスペースだった小屋裏空間も居住空間としてフルに活用することが可能となり、ロフトや大きな吹き抜け、傾斜天井など、自由で快適な空間設計ができるようになりました。

天井裏で断熱する場合


注文住宅「FPの家」では小屋裏(屋根裏)を使用しない場合等、天井面で断熱することもあります。
その場合、遮断パネルを水平に使用するか、古紙を再生した吹込用天井断熱材を天井面に吹き込みます。
小屋裏(屋根裏)に空間ができますが、居住空間としては利用できません。


遮断パネルによる屋根の断熱


太陽熱が屋根面で遮断されるので、小屋裏(屋根裏)の空間がなくなり、そのスペースがロフトや吹き抜けの空間として活かされます。
四季を通じて快適な暮らしをめざす高断熱・高気密の住まいづくり。しかし、問題なのは屋根から室内に入り込む日射熱です。
公共機関の試験によると、真夏の 外気温が 31.5℃の時、屋根の表面温度は70℃を超える高温となり、ロフトを作っても暑くて上がれないケースが少なくないようです。
このような夏の小屋裏(屋根裏)の温度上昇を解消するために、開発されたのが「FP遮断パネル」です。二層の通気層をもつアルミ遮熱シートとウレタン断熱パネルを組み合わせ、きわめて優れた遮熱性を発揮。「FP遮断パネル」を用いることで、これまではデッドスペースだった小屋裏がフル活用でき、吹き抜けや屋根勾配を活かしたロフトなど、自由で快適な空間づくりが可能になります。
太陽熱が屋根面で遮断されるので、小屋裏の空間がなくなり、そのスペースがロフトや吹き抜けとして活かされます。大きな吹き抜けをつくっても遮断パネルとFPウレタン断熱パネルで囲まれた「FPの家」なら、快適さは維持されます。また狭小な土地や建物の高さが制限される地域でも室内空間にゆとりを持たせ、設計にも広がりを持たせます。

「FP遮断パネル」の効果

太陽熱の直射にさらされる屋根面は、真夏には70℃を超えるまで上昇します。FP遮断パネルはウレタン断熱材の表面でも約30℃まで温度を下げることが可能です。



FP遮断パネルの施工

遮断パネルの固定

遮断パネルは垂木(たるき)と一体成形され固定されます。

施工完了


遮断パネルの固定後、野地板(のじいた)、下葺き材(したぶきざい)を張り、その上が屋根材となります。


 

ホーム

このページの先頭へ