ホーム  > FPの家とは  > 素足で感じるぬくもり「床」の工法

素足で感じるぬくもり「床」の工法

FPの家とは

家の構造材はもちろん、その上に家族の穏やかな日々も支えつづける「床」。
刻にやわらかく、ある刻はかたく
足下から、まっすぐ家族の明日を見据えるように。

床は、壁とともに住宅の大切な部分です。また床下からの冷気や湿気の侵入を防ぐという重要な役割もあります。さらに、私たち日本人は靴をはかずに生活するため、直接足に触れる床は健康にも大きな影響を与えるといわれています。十分な強度や耐久性はもとより、自然なぬくもりがあり、肌触りの良い質感があって、見た目にも落ち着いて安心できる…など、ハード・ソフト両面で高品質であることが、よい床の条件といえるでしょう。

床の断熱


床の断熱は主に床下からの冷気・湿気を遮断するために施工されますが、同時に防音、構造の補強も行うことが理想です。また床下は給排水の配管等が集中する ところでもあります。したがって、構造材の傷みやダニ・カビの発生を防ぐためにも、床下は常に通風を確保し、防湿が行われていなければなりません。


床と健康


足のウラには多くのツボが集中し、体調や健康に与える影響が大きいといわれています。そのため温度差にも敏感なので、1年中均一で自然なぬくもりを保つのが良いとされます。

床パネルの施工


「FPの家」の床にはFPウレタン断熱床パネルが敷き込まれます。
硬質ウレタンが木枠と密着しているため、重さによってたわむことも、断熱性や気密性が劣化する心配もありません。また敷き込み後に気密テープで隙間をふさぐため、気密施工も簡単です。


配管、コンセントなどの気密施工


「FPの家」は徹底した気密施工を行います。
給排水管や電気配線の施工を行う場合にも、パネルとの間に生じた隙間にウレタンを注入し、さらに気密テープを貼り、隙間をなくしています。


床下の通風と防湿


構造材の痛みやダニやカビの発生を防ぐためにも、床下は常に通風を確保し、防湿が行われていなければなりません。
床下の通風を確保するために、基礎部分には「内部換気孔」と呼ばれる空気の通り道を作ります。
また「FPの家」では、基礎の外周部の換気孔は、その間隔が4m以内と定められています。


工場見学で体感できる床パネルの強さ


床が支える荷重としては構造材や仕上げ材自体による固定荷重と人や家具などによる積載荷重とに分けられます。
日常生活や地震などの外力にも安全であり、長期的な耐久性を備えることはもちろんピアノを置くなどの場合はさらに補強されます。


FPウレタン断熱床パネルは現場で見るだけでなく、各地域の工場見学会でその強さを体感することができます。



 

ホーム

このページの先頭へ